2022年4月12日 東京都 マンション

東京都でマンションの非常用発電機負荷試験を行いました。
発電機の設置場所は屋上にある事が多いのですが、こちらのマンションは地下に発電機がありました。
非常用発電機はヤンマー製のAP80Aで80KVAです。

まずはいつも通り発電機の点検を実施します。
1番最初に行うのは、発電機の制御を自動から試験に切り替える事です。これでもし停電が発生しても
点検作業中にエンジンがかかって、巻き込まれ事故や感電などの事故を回避できます。
※負荷試験完了後は自動に切り替え済みです。

次にラジエーター冷却水、エンジンオイル、ファンベルト等を確認し、
問題ありませんでした。

その他、発電機始動前の点検を行い、非常用発電機と負荷試験機をケーブルで接続し、エンジン始動。


エンジンを始動させ、10%の負荷から試験開始。20%負荷、30%負荷と負荷を徐々に上げていき、
負荷電流値を測定。結果は問題ありませんでした。


非常用発電機の負荷試験のことなら弊社にお任せ下さい。お問合せお待ちしております。

お問い合わせ

電話 0467-79-1223
Eメール s-info@densaneng.com
株式会社電産エンジニアリング 非常用発電機負荷試験事業 担当 宛