2021年9月7日 東京都 オフィスビル

東京都でオフィスビルの非常用発電機負荷試験を行いました。本日午前中に続いて2件目です。
非常用発電機はヤンマーエネルギーシステム製のAP60Aで60KVAです。


まずは発電機を試験モードに切替、点検中に停電がおきるとエンジンがかかってしまって大変危険です。
試験モードに切替えておけば、安心して点検できます。


その後、エンジン始動前の点検を実施。前回の蓄電池交換が2016年で5年前です。また、雨水が発電機内に溜まっている様子。
お客様には蓄電池の交換と雨水の除去をお奨めしました。



その他、確認項目を全てチェックし、非常用発電機と負荷試験機をケーブルで接続。



エンジンを始動させ、10%の負荷から試験開始。20%負荷、30%負荷と負荷を徐々に上げていき、負荷電流値を測定させて頂きました。 結果は問題ありませんでした。無事に堆積カーボンも排出出来ました。


非常用発電機の負荷試験のことなら弊社にお任せ下さい。お問合せお待ちしております。

お問い合わせ

電話 0467-79-1223
Eメール s-info@densaneng.com
株式会社電産エンジニアリング 非常用発電機負荷試験事業 担当 宛